藤元メディカルシステム付属医療専門学校

Campus News

2017年度看護宣誓式

「誓いの言葉」を胸に刻んだ看護宣誓式

風にゆれるコスモスが秋の深まりを感じさせる10月27日、1年生75名の“看護宣誓式”が厳粛に執り行われました。厳かな雰囲気の中、ナイチンゲールの看護の心をキャンドルの灯を通して受け取り、志を新たに看護への道を歩む決意を込めた「誓いの言葉」を宣誓しました。

2017年度看護宣誓式2017年度看護宣誓式

2017年度看護宣誓式
この「誓いの言葉」を、学生たちはこの日に向けて毎日練習してきました。ナイチンゲールの灯を手に、一言一言丁寧にそして胸に刻むように唱和する姿は凛として胸に迫るものがあり、とても感動する式典となりました。
また、学生たちからは「やってみたらすごく良かった」「実習を頑張ろうという気持ちになった」といった言葉が聞かれ、一つの事を成し遂げたその晴れやかな笑顔には誇らしさと成長が垣間見えました。

ナイチンゲールの灯を受け継ぎ、学校長の式辞と、藤元総合病院の藤本看護部長に励ましの言葉を頂き、看護師への志を新たにするとともに、患者さまに寄り添う思いやりの看護を行うことや、チームワークの重要性を改めて考える機会となったと自負しています。

今日の喜びや感動を胸に刻み、理想の看護師像に近づけるよう、多くの知識と経験を積み重ねて、そして臨地実習で理想とする看護師と出会い看護観を高めて欲しいと願います。

2017年度看護宣誓式2017年度看護宣誓式

今年も、看護宣誓式に寄せて、ハンドベルとクワイアチャイムによるナイチンゲール讃歌を演奏しました。1か月という短い練習期間ではありましたが、学生たちの一生懸命取り組む姿は誠実そのもので、式典に参列してくださった方々に、感謝の気持ちが届いたことだと思います。

いよいよ12月から初めての臨地実習が始まります。不安と期待を抱き、緊張しての実習になると思いますが、学校側も、受け入れ先の病院と連携しながらに皆さんを支えていきます。
看護宣誓式の感動と決意を忘れずに取り組み、有意義な実習期間を過ごしてくれることを願っています。

まるごと体験!オープンキャンパス♪ 「つなぐ~みんなの想いを一つに~」