藤元メディカルシステム付属医療専門学校

Campus News

学校祭2017

「つなぐ~みんなの想いを一つに~」

平成29年11月18日(土)、学生主催の学校祭を行いました。
2年生を中心とした学校祭実行委員を4月に組織して、学校祭を『藤カル祭』と銘打ち活動を開始。
今年度のテーマは「つなぐ~みんなの想いを一つに~」としました。《これまでも・これからも繋いでいこう》という学生の想いがこもったテーマです。

当日朝までの天気はあいにくの雨で少し心配しましたが、徐々に回復してくれてひと安心。学生たちの「晴れて~!」という願いが届いたのかもしれません。
今年は、午前中に模擬店・バザー・ゲーム、午後から舞台イベントと学生全員が一同に楽しめることを重点に置いて企画しました。
慰問などの交流でお世話になる施設利用者の方も可能な限り参加できるようにと、舞台スケジュールや、施設間送迎の企画などについても試行錯誤を繰り返して、できるだけ沢山の方々に足を運んでいただけるよう学生たちが工夫していたようです。
舞台イベントは、実習の合間をぬって練習を重ねた歌やダンスが披露されて大盛り上がり! 大きな歓声が上がり、舞台の上にも下にも楽しそうな笑顔が溢れていました。

学校祭2017学校祭2017
地域の方々にも好評な模擬店では、白藤会(本校卒業生の会)の焼き芋の販売を含め、9種類のメニューが並びました。
本年度はカレーうどんと豚汁といった、学生の考えた具材と味付けが勝負!のメニューから、ポテトフライやたこ焼きといった定番人気メニューまで幅広く準備。そのため準備はギリギリまで気の抜けないものでしたが、予算や試食会の企画・運営まで、計画達成の難しさを学生たちは痛感したようでした。

また、準備期間が臨地実習と並行していた2年生は、1年生とのコミュニケーションの取り方にも悪戦苦闘していたようですが、終了後の片付けまで、粘り強く活動できている学生の姿は逞しく、その成長を感じるところでありました。
けがや事故がなく終了したことに安堵するとともに、多くの方々に協力をいただきましたことを心より感謝いたします。

学校祭は地域の方や卒業生との交流の機会となり、愛校心を養う機会となりました。今後も皆さまに愛される学校祭が、『藤カル祭』が繋がりますよう祈っています。

「誓いの言葉」を胸に刻んだ看護宣誓式 ハワイ研修で人間性や感性も育んできま...