藤元メディカルシステム付属医療専門学校

Campus News

よろこびの広場2017

「よろこびの広場」も6回目を迎えました!

「よろこびの広場」と題した施設訪問も、今回で6回目を迎えます。今年は7月20日、星空の都なかごうへ、1年生全員で訪問させていただきました。
学生手作りの歌本を皆さんにお配りしているんですが、毎回大好評なんですよ!
できるだけ利用者さまが一緒に歌ったり懐かしんでいただけるように、今年は特に選曲にもこだわりました。

「われらのホーム中郷園」(中郷園は星空の都なかごうへ名称変更しています)を歌いながら登壇すると、拍手と手拍子が自然と起きて、歌詞を口遊む利用者さまもいらっしゃいました。もうすっかり耳に馴染んでいらっしゃるようで、私たちも嬉しくなってしまいます。
そんな皆さまのご様子に緊張していた学生たちはホッとしたようで、誇らし気に合唱していました。

よろこびの広場2017よろこびの広場2017

そして、柔らかく優しい音色のクワイアチャイムと、綺麗で力強い音色のハンドベルによる演奏です。
利用者さま共々聞き入ってしまいましたが、利用者の皆さまが演奏に合わせて大きな声で歌われ、大合唱となった場面もありました。
「もみじ」「さくらさくら」「ふるさと」など、幼い頃から親しんでこられた曲は特に、歌本を見ないでも歌っていらっしゃいました。

最後にピアノの伴奏に合わせて、利用者の皆さまと一緒に打楽器(タンバリン、鈴、カスタネット)を演奏です! 手を叩いたり、肩を叩いたりして楽しく歌う「幸せなら手をたたこう」、呪文のような歌詞が楽しい「ずいずいずっころばし」、懐かしい手遊びを交えた「みかんの花咲く丘」、昭和の名曲「青い山脈」、日本だけでなくアメリカでも大ヒットした「上を向いて歩こう」。
どの曲でも皆さん笑顔で歌ってくださっていたのがとても印象的です。中には踊り出す方や涙ぐんで喜ばれる方もいて、とても楽しい雰囲気の中演目は終了しました。


 

「星空の都なかごう」の施設長さまからあたたかい励ましと感謝のお言葉といただき、また利用者さまやご家族さまから「とても良かった。皆笑顔の優しい可愛い学生さん。こんな人が看護師を目指していると思うと嬉しい。今日聞けて良かった」等の感想をいただいてしまいました。
学生からも「利用者さまと触れ合うことができ、笑顔を見ることができて良かった。逆に元気を貰った。頑張って練習した甲斐があった」等の感想がありました。
この経験を今後の学習の糧にして、尚一層精進して欲しいと思います。

新入学生の皆さん、一緒に頑張っていき... まるごと体験!オープンキャンパス♪